会社設立,外国人の招へい,在留,雇用,労働,国際結婚,離婚,永住,帰化などでお困りの際は谷雅史行政書士・社会保険労務士事務所へご用命ください!

会社設立・外国人の在留等に関する入管手続きのご相談・ご依頼は

会社設立,ビザ,在留資格,永住,帰化,国際結婚,入管手続きを専門に扱う申請取次の資格を持つ姫路市の行政書士・社会保険労務士事務所です。
外国人の方が日本で会社を作りたい、外国人を日本に呼び寄せる、外国人の入国や滞在、帰化などについての相談、手続きを行っています。

営業時間 平日 9:00~18:00
       土・日・祝 休み
(土・日・祝は事前に予約いただけると対応出来ます)

兵庫・姫路ビザ&帰化相談室
(谷 雅史行政書士・社会保険労務士事務所)
〒671-1101 兵庫県姫路市広畑区
東夢前台4丁目55番地
E-mail:tani@zairyu.asia
業務エリア(兵庫県・大阪府を中心に活動中)

再入国許可

再入国許可とは

外国人は日本から出国してしまうと、その外国人は日本とは関係がないことになりますので、出国前に与えられていた在留資格は出国と同時に消滅してしまします。外国人登録証明書も返還しなければなりません。

もちろん、日本での滞在目的が果たせたので、本国に帰るという場合は問題ないでしょう。

しかし、外国人が日本に滞在している間に仕事で海外に商談に行く、親族に会うために本国に帰る、他国に旅行に行くといった場合には日本に戻ってからも出国前と同じ在留資格で滞在することを望みます。

入国の際にもう一度在留資格認定証明書をもらって、領事館にビザの申請をして・・と数カ月かかる手続きをするのは効率的ではありませんし、なにしろ出国前と同じ在留資格が許可されるという保証はありません。

そこで出国前に「再入国許可」を取得しておけば、同じ在留資格で再び日本に入国するときには査証(ビザ)を必要とせずに再入国ができ、また出国前の在留資格と在留期間が継続することができます。

また、永住や帰化許可申請では、「継続して在留すること」が条件の一つになっていますので、再入国許可をもらわずに出入国をしている場合は、継続した在留をしていたことにはなりませんので、将来に永住許可申請などを考えている外国人の方には、必ず再入国許可をもらってから出国することを強くお勧めいたします。

再入国許可の有効期間は最大3年ですが、在留期間が3年に満たない場合はその在留期間までとなります。

しかし、出国中に病気や怪我により、どうしても再入国が在留期限内に無理であるやむを得ない状況がある場合、在外公館もその理由が相当であると認めた場合には、再入国許可の有効期間延長許可申請書に理由を疎明する資料を添付して申請することができます。

相談については、こちら

このページのトップへ
HOME » 再入国許可