会社設立,外国人の招へい,在留,雇用,労働,国際結婚,離婚,永住,帰化などでお困りの際は谷雅史行政書士・社会保険労務士事務所へご用命ください!

会社設立・外国人の在留等に関する入管手続きのご相談・ご依頼は

会社設立,ビザ,在留資格,永住,帰化,国際結婚,入管手続きを専門に扱う申請取次の資格を持つ姫路市の行政書士・社会保険労務士事務所です。
外国人の方が日本で会社を作りたい、外国人を日本に呼び寄せる、外国人の入国や滞在、帰化などについての相談、手続きを行っています。

営業時間 平日 9:00~18:00
       土・日・祝 休み
(土・日・祝は事前に予約いただけると対応出来ます)

兵庫・姫路ビザ&帰化相談室
(谷 雅史行政書士・社会保険労務士事務所)
〒671-1101 兵庫県姫路市広畑区
東夢前台4丁目55番地
E-mail:tani@zairyu.asia
業務エリア(兵庫県・大阪府を中心に活動中)

資格外活動許可

資格外活動とは

日本に在留する外国人は、それぞれの在留目的に応じて付与された在留資格をもって在留しています。

法別表第一には、それぞれの在留資格について「本邦において行うことができる活動」が定められていますので、自分の在留資格で許されていない収入を伴う事業を運営する活動または報酬を受ける活動を行うことは禁止されています。

しかしながら、例えば留学生が「授業のない時間に社会勉強のためにもアルバイトをしたい」とか、「家族滞在」の外国人が日本での生活にも慣れてきたので「翻訳や通訳の仕事をしたい」と考えることがあるでしょう。

入管法では、臨時的なものや本来の在留資格の妨げにならない程度の収益活動を一切禁止しているわけではなく、資格外活動の許可を受けた外国人には許可された収益活動を行うことを認めています。

資格外活動の許可は、

① 資格外活動を行うことで本来の在留活動が妨げられないこと

② 資格外活動を行なおうとする内容が適当と認められること

が条件とされています。

通常の資格外活動は、上の①②に該当している限りは資格外活動ができる時間に制約はありませんが、留学生の資格外活動は、1週間あたりまたは長期休業期間の労働時間が決められていますので、その時間を超えて働くことはできません。

また、通常の資格外活動は活動の範囲があらかじめ決められますが、留学生は包括的な資格外活動の許可を得ることができます。

相談については、こちら

このページのトップへ
HOME » 資格外活動許可