会社設立,外国人の招へい,在留,雇用,労働,国際結婚,離婚,永住,帰化などでお困りの際は谷雅史行政書士・社会保険労務士事務所へご用命ください!

会社設立・外国人の在留等に関する入管手続きのご相談・ご依頼は

会社設立,ビザ,在留資格,永住,帰化,国際結婚,入管手続きを専門に扱う申請取次の資格を持つ姫路市の行政書士・社会保険労務士事務所です。
外国人の方が日本で会社を作りたい、外国人を日本に呼び寄せる、外国人の入国や滞在、帰化などについての相談、手続きを行っています。

営業時間 平日 9:00~18:00
       土・日・祝 休み
(土・日・祝は事前に予約いただけると対応出来ます)

兵庫・姫路ビザ&帰化相談室
(谷 雅史行政書士・社会保険労務士事務所)
〒671-1101 兵庫県姫路市広畑区
東夢前台4丁目55番地
E-mail:tani@zairyu.asia
業務エリア(兵庫県・大阪府を中心に活動中)

家族滞在

家族滞在とは

「家族滞在」とは、「外交」、「公用」、「短期滞在」、「家族滞在」、「特定活動」、「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」以外の在留資格で滞在する者の扶養を受ける配偶者または子に付与される在留資格です。

配偶者は、夫または妻のいずれかが扶養するか、扶養されるかを問いませんが、養子縁組をしていない妻の連れ子は、夫が扶養していても「家族滞在」に該当しませんし、養子縁組をしていない夫の連れ子を妻が扶養していても同様です。

要するに、配偶者も子も扶養を受けることが条件であり、被扶養家族として在留する場合に限られる資格です。

「家族滞在」の在留資格で在留する者は、資格外活動の許可を受けた場合には収益活動をすることは認められますが、相当額の収入を得るような稼働をする場合には扶養家族とは認められず、「家族滞在」の在留資格を失うことになりますので、注意が必要です。

「家族滞在」で在留する者は、その扶養者である配偶者または親が日本に在留する間に限って在留が認められ、在留期間も原則として扶養する配偶者または親の在留期間と同じ期間となります。

ただし、扶養する配偶者等が死亡したり出国したり、または離婚などで離別したり扶養を受けられなくなった場合、その配偶者または子は在留できなくなりますが、出国準備などのためであれば、在留期間内の在留は認められます。

相談については、こちら

このページのトップへ
HOME » 家族滞在