会社設立,外国人の招へい,在留,雇用,労働,国際結婚,離婚,永住,帰化などでお困りの際は谷雅史行政書士・社会保険労務士事務所へご用命ください!

会社設立・外国人の在留等に関する入管手続きのご相談・ご依頼は

会社設立,ビザ,在留資格,永住,帰化,国際結婚,入管手続きを専門に扱う申請取次の資格を持つ姫路市の行政書士・社会保険労務士事務所です。
外国人の方が日本で会社を作りたい、外国人を日本に呼び寄せる、外国人の入国や滞在、帰化などについての相談、手続きを行っています。

営業時間 平日 9:00~18:00
       土・日・祝 休み
(土・日・祝は事前に予約いただけると対応出来ます)

兵庫・姫路ビザ&帰化相談室
(谷 雅史行政書士・社会保険労務士事務所)
〒671-1101 兵庫県姫路市広畑区
東夢前台4丁目55番地
E-mail:tani@zairyu.asia
業務エリア(兵庫県・大阪府を中心に活動中)

経営・管理

経営・管理とは

「経営・管理」は、主に
外国人が日本で事業の経営を開始して事業を行う場合
外国人が経営を開始した事業に投資して、事業を経営する場合
外国人が経営を開始した事業の管理に従事する場合
などに取得する在留資格です。

「経営・管理」の在留資格に該当する外国人は、事業の経営や管理に実質的に参加する人のことをいい、具体的には社長、取締役、監査役、部長、工場長、支店長などです。

業種については、日本において適法で行われる業務であれば、制限はありません。

この在留資格を取得するためには、実際に会社を設立して事業所を設け、従業員を雇用して業務が開始できる状態(例外あり)にしてから、入国管理局に申請することになります。

外国人が(日本人のように)通常の会社法の規定のみに従って会社を設立しても、外国人が「経営・管理」の在留資格を取得するためには、会社への投資額についてなど、入国管理法などで規定するいくつかの要件も満たさなければならない場合があります。

外国人の方が不十分な知識で会社を設立した場合、会社の設立はできても、その後になって「経営・管理」の在留資格を取得できないという、非常に残念なことも起こりえます。

例えば、外国人が飲食店を経営する場合、入国管理局へ「経営・管理」の申請を行なう前に、会社設立、店舗の賃貸借契約、内装工事、従業員の雇用などの手続や作業が必要で、たくさんの費用と時間が必要です。

しかし、入国管理局から「経営・管理」の在留資格が許可されなかった場合には、その事業を営むことはできませんので、準備した会社や店舗などは無駄になってしまいます。

費やした金額や取引先との信頼関係、サポートしてくれた人たちのこと考えると、「経営・管理」の在留資格の取得は失敗が許されません。

外国人の方が「経営・管理」の在留資格の取得を検討しているときは、会社設立の手続きを始める前に、専門家の行政書士にご相談されることをおすすめします。

 

 

このページのトップへ
HOME » 経営・管理