会社設立,外国人の招へい,在留,雇用,労働,国際結婚,離婚,永住,帰化などでお困りの際は谷雅史行政書士・社会保険労務士事務所へご用命ください!

会社設立・外国人の在留等に関する入管手続きのご相談・ご依頼は

会社設立,ビザ,在留資格,永住,帰化,国際結婚,入管手続きを専門に扱う申請取次の資格を持つ姫路市の行政書士・社会保険労務士事務所です。
外国人の方が日本で会社を作りたい、外国人を日本に呼び寄せる、外国人の入国や滞在、帰化などについての相談、手続きを行っています。

営業時間 平日 9:00~18:00
       土・日・祝 休み
(土・日・祝は事前に予約いただけると対応出来ます)

兵庫・姫路ビザ&帰化相談室
(谷 雅史行政書士・社会保険労務士事務所)
〒671-1101 兵庫県姫路市広畑区
東夢前台4丁目55番地
E-mail:tani@zairyu.asia
業務エリア(兵庫県・大阪府を中心に活動中)

在留資格の変更

在留資格の変更

外国人は上陸、在留が許可された際に決定した在留資格で日本に在留することになりますが、日本に滞在中に在留目的を変更したり、在留目的を達成したため他の在留資格に変更しなければならない場合があります。

例えば、「留学」の在留資格であった学生が「技術」に該当する仕事に就くことになった場合は、在留資格の変更を受けなければなりません。

また、「技術」の在留資格で働いていた外国人が日本人と結婚したときは、「日本人の配偶者等」の在留資格への変更を受けることが出来ます。

在留資格の変更を希望する場合には、「在留資格変更許可申請書」に必要な書類を添付して、居住地を管轄する地方入国管理局等に申請することになります。

在留資格の変更が認められるかどうかは資格の該当性の有無が重要になります。

しかし、入管法には、法務大臣の裁量による「適当と認めるに足りる相当な理由があるときに限り」許可することが出来るとあり、該当性が認められる場合でも、法務大臣が変更を認めるのが適当ではないと判断するときは許可しない事もあります。

在留資格の変更は審査時間も長く容易な手続きではありません。慎重に早めに提出することが大切です。

 

このページのトップへ
HOME » 在留資格の変更